Trap, Trap, Trap!

ビースティ・ボーイズのMCA、ガンで亡くなる
http://bmr.jp/news/detail/0000013198.html

驚きました!残念です。。

オルタナティブなひとはそういう視点で彼らを見るかも知れませんが、ヒップホップファンにとっても、Beastie Boysの存在は非常に大きいです。

それまでファンクの焼き直しだったラップ・ミュージックに、ヒップホップ特有のトラックを乗せた最初の功労者は、デフジャムです。アフリカバンバータも、シンセやボコーダーを使った新しいサウンドをトミーボーイで模索していましたが、決定的に新世代の音を作り出し、ヒップホップをアンダーグラウンドからオーバーグラウンドの世界へ引きずり出したのはデフジャムです。Russell Simmons、その後のオルタナティブを率いることになるRick Rubin、すでにDJとして活躍していて、後に自分名義のアルバムもリリースしたDavy D.、そしてLarry Smithなどがこの頃のデフジャムサウンドをデザインしました。

そして、そのデフジャムにおいて、マイナー時代の、いわゆるエンジデフジャム時代の二枚目のシングル、DJ002が、Beastie BoysのRock Hard(1985)でした。(一枚目はもちろん、L.L. Cool JのI Need A Beatです。)

エンジデフジャム時代で、あまり知られていない、特筆すべきシングルは、MCA & Burzootie名義のDrum Machineというシングル。レーベルにはご丁寧に、(MCA of Beastie Boys)って書かれてます。言われなくても分かるよ!!って言いたいところですが、Burzootieって誰?? って感じですよね。

Produced by Jay Burnett って書かれており、このJay Burnett=Burzootieであることがわかります。結構有名だったプロデューサーらしいですけど、、、知りません。その名の通り、ドラム中心のトラックに、シンセサイザーの音を乗せたもの。この上に、MCAがラップしています。CD化されていないので、聞いたことがある人は少ないのでは?


その後リリースされ、ビルボードのアルバムチャートで、ヒップホップとしては初めて1位に輝き、900万枚を売り上げたという大ヒットアルバム、Licensed to Ill(1986)のオルタナティブな香りのするサウンドは、紛れもなく、Rick Rubinの仕業です。この頃のRunDMCと聞き比べれば分かります。サウンドもアルバム構成もそっくりです。プロデューサーが同じなので当たり前です。(ちなみに、アルバムジャケットの表にデフジャムのロゴがプリントされたものは、コンピ盤を除いては、Licensed to Ill(1986)の次は、Ace HoodのGutta(2008)までありませんでした!)


しかし、ヒップホップファンにとって最重要アルバムは、デフジャムを去ってCapitolと契約し、第4のメンバーとも言われたRickRubinとも別れて作られた、Beastie Boysの2nd、Paul's Boutique(1989)でしょう。

この頃、世界初となるステレオデジタルサンプラーが発売されたわけですが、Paul's Boutiqueは、これを使って、今では考えられない大ネタをアルバム全体にわたって多用した、歴史的なアルバムです。アルバム15曲の中で、実に105曲のサンプリングネタが使われているそうです! オルタナティブ路線は全くない、完全なるヒップホップアルバムで、プロデューサーのDust Brothersの特異なるセンスを見ることが出来ます。

そしてその結果、このサンプリングを多用したサウンドが一世を風靡しました。有名なところでは、ニュースクール路線のDe La Soulに代表されるPrince Paulサウンド、Pファンク路線のPublic Enemyに代表されるThe Bomb Squadサウンドなど、その後、著作権問題でこれらにストップがかかり、Dr.DreのGファンクに取って代わられるまで、実に多様なサウンドが作り出されました。その一角を占めるのは紛れもなくPaul's Boutiqueで、3Feet High And Rising(1989 Tommy Boy)や、アメリカ国会図書館の重要保存録音物として永久保存されているFear of A Black Planet(1990 Def Jam)等と共に、ヒップホップの頂点と並び称される、名作中の名作でした。

(ちなみに、Rick Rubinとは袂を分かった彼らが、その後一度だけ、共同作業をしたことがあることはあまり知られていません。Rick Rubinの設立した、American Recordingsからリリースされた、Milkというラッパーの、Never DatedというEP内の曲、Spamという曲がそれ。FuturingでThe King Ad Rockとクレジットされ、ライナーノートには、”The King Ad Rock - Scratches on Spam” ”Mike D. - Drums on Spam”と書かれています。もちろんExecutive ProducerとしてRick Rubinがクレジットされていますから、歴史的な再会だったと思われます。)

このように、オルタナティブだけではなく、ヒップホップとしてもとても重要な位置にいるBeastie BoysのラッパーMCAを失ったことは、ヒップホップ界にとっても大きな悲劇となるでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

エルピーダメモリの会社更正法の適用申請の記者会見の記事を読んで、心底憤った!!

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120228_515056.html

こんなひどい会見、初めて見た。すべて外部環境のせいにしてるじゃないか。つまり、自分たちは正しく、何の非もないと言いたいだけの会見だ。これはひどいぞ。

そもそも、デファクトスタンダードでのみ製品化でき、個性は不要で、個別のテクノロジはすぐにコモディティ化してしまうDRAMに、今まで投資をし続けたこと自体がばかげてるとも言える。逆に言うと、各ベンダが不採算部門を切り離したくて、負け組を連合させたその結果なので、当然というか、切り離した親会社の無責任さがそもそもの原因というか。

半導体においては、もっと独自技術で勝負できる分野に投資するべきだった。たとえば、ルネサスのSuperHは、もっと評価されてもいいと思う。やり方次第では、ARMと勝負できたのに、マーケティングの失敗で自爆してしまった。

もちろん、富士通のSPARCなんて要らない。死んだ企業(Sun Microsystems)の作ったISAを使ってHPC作るなんて、気が知れない。x86+GPGPUでなら、10分の1以下のコストで同等パフォーマンス(SIMDなら京よりさらに上を目指せた?)を実現できた。

それまで積み上げたものなんか、きっと大した価値なんてない。それらに固執するから、捨てられないで、こうなってしまう。DRAMがコモディティ化し、過当競争になった時点で、事業を放棄するべきだった。プロセス技術を温存したいなら、ファウンダリやるか、もっと高度な(ルネサスのSHのような)IPを共に売るべきだった。

日本は、もっと得意分野に特化するべきだ。不得意分野、不採算部門をもっと切り離す必要がある。全ての分野で成功する必要なんてどこにもない。日本の半導体は、太陽電池に投資してればいい。それだけでいい。ソーラーグレードシリコンなら純度が低くてもよいのだから。


日本の半導体が競争力を失った原因については、この記事が詳しい。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5129

とにかく高品質が正義だと思い、それに固執した技術者が見失った肝心なもの(コストパフォーマンス)こそが、日本の半導体を衰退させた。特にDRAMなんて、20年動く必要なんてどこにもない。ユーザーは数年でデバイスを破棄するわけだ。20年動くDRAMと、6年しか動かないDRAM、ユーザーにとっては何の違いがあるだろうか。

記者会見でも同じことを言ってるよね。自分たちの技術は優れている、他社よりも優れた製品を作れる、と。いくら債務を帳消しにしたところで、このまったく反省のないスタンスで、成功するわけがないよね。バカじゃないのか。

極めて利益率が低く、デファクトスタンダードで技術がコモディティ化しやすい、つまりもう儲からないDRAMは、放棄するのが正義なんだよ。それでも半導体を作り続けたかったら、NANDフラッシュ作るかファウンダリビジネスをやれ。

Windows8は、バージョン6.2になるんだろうか、それとも7になるんだろうか?

話を聞いてると、UIいじるだけで、カーネルの話が聞こえてこないので、バージョンナンバーはともかく、実質的には6.2じゃないだろうか。


そんなことより、Windows 8のロゴが発表されたが、一見して、「サッシとかのメーカーみたい」って思ったので作ってみてGoogle+にうpしたら好評だったのでこっちにも。

parody


こっちのほうが違和感ないやん。

昔のオーディオ系のCMを見て思う。「原音再生」は、アナログメディアの頃は、S/Nやf特稼ぎが必死だった頃の標語だった。アナログでは、それくらい難しいことだった。

でも、PCM以降、それらが可聴領域を凌駕するようになって、これらの特性は、今や、数百円のMP3プレーヤーでも実現できるようになった。

にもかかわらず、高級オーディオは、未だに原音再生や特性向上を目指してる。これじゃ、売れなくなるのも当たり前だ。

しかも、今は昔みたいに生録の音源は、オーケストラ以外はほぼない。音楽ソフトの売り上げの多くを占めるのは、DAWの打ち込みだ。ボーカルさえ、Autotuneや初音ミクだww そんな音楽には、そもそも原音という概念自体がない。合成音のかたまりだ。そこで原音再生を目指してどうするよ??

今主流の音楽を聴きやすい音に加工して再生する。これが目指す方向性じゃないか?

ちなみに、BOSEは、原音信者からは、特性のフラットさの皆無なところから、オーディオとしてすら認められてない感があるが、あの会社はすごいぞ。

時代によって音が違うのは、その時代のヒットチャート上位の音楽が聴きやすいように設定されてるからなのだ。

80年代の製品は、ロックが聴きやすい音だった。90年代は、ボーカルの中域重視の音だった。そして今は、ブラックミュージックを聴いて楽しい音を作ってる。社としての一貫性は全くないが、常に消費者を向いてる音を作ってる。

Dr.Dreがオーディオ機器のプロデュースをしたり、Ludacrisモデルのイヤホンがでるなども同じで、いま流行りの音楽を快適な音で再生するという考え方はアメリカではすでに一般的だ。

そんなメーカー、日本にはない。数百円の再生機ですらすでに可聴領域を凌駕した特性を追いかけるよりもやることがあるんじゃないか? そして、日本のユーザーだって、考え方を変えるべき時だと思う。

ハイファイだけが正しいという時代ではなくなったのだ。

このページのトップヘ